豊田市観光協会

  • ポルトガル語
  • 韓国語
  • 中文(繁体)
  • 中文(口体)
  • English
  • 日本語
  • 自然・公園
  • アウトドア
  • 体験・見学・温泉
  • 神社仏閣・史跡
  • 文化・スポーツ施設
  • お祭り・イベント
  • グルメ・おみやげ
  • その他その他
  • 買う買う
  • 食べる食べる
  • 遊ぶ遊ぶ
  • 観る観る

松平郷

松平郷


見どころ情報

  • 松平氏遺跡
    松平氏発祥の地として知られる松平郷。松平氏の菩提寺「高月院」や、旧居館「松平東照宮」、松平家と徳川家ゆかりの品が展示されている「松平郷館」などがあります。
    松平氏遺跡
  • 松平太郎左衛門親氏像
    この地を訪れた旅の僧徳阿弥は松平郷の開拓領主在原信盛の子信重の末娘の婿として家を継ぎ、親氏と称しました。ここに徳川家の始祖松平太郎左衛門親氏(不詳〜1394年4月24日没)の出現です。
    松平太郎左衛門親氏像
  • 松平郷展望テラス
    豊田市街はもちろん、見晴らしの良い日には名古屋駅周辺の超高層ビルや伊勢湾まで眺望することができます(第一駐車場より約950m、徒歩約15分)。
    松平郷展望テラス

年間行事

  • 天下祭(2月第2日曜)
    松平東照宮で奉納される天下祭は、天下泰平を祈願した松平親氏の偉業をたたえたまつりです。裸の厄男たちによる「練り込み」と「玉競り」が見ものとなっています。
  • 松平春まつり(4月17日直前の土日)
    松平東照宮で行われる試楽祭では、産湯の井戸で「御水とり」の儀式と、手筒花火が奉納されます。本楽祭では、松平東照宮から高月院まで、古式ゆかしい行列「御輿渡御」が行われています。

松平氏の発祥地として有名な松平郷。松平東照宮や高月院など、ゆかりの地も数多く存在しています。また、炮烙山や六所山にほど近く、巴川が流れるなだらかな丘陵地に位置していて、ハッチョウトンボの生息する自然豊かな山里です。
松平郷では、2月の天下祭、4月の松平春まつりのほかにも、多彩なイベントを開催。1月には七草がゆを味わう会、秋の写生大会、年末もちつき大会などが行われます。
松平郷園地では、春はサクラ、初夏にはハナショウブやアジサイの花々、秋にはハギの花や紅葉など、四季を通じてさまざまな自然の風景を楽しむことができます。松平八代を象徴する「石柱」や「親氏像」、室町時代を連想させる「土塀」や「冠木門(かぶきもん)」、武家屋敷風の休憩所「天下茶屋」などがあり、歴史の風情を楽しみながらの散策ができるスポットとなっています。

住所 豊田市松平町 >>マップを見る
TEL 0565-34-6642(豊田市観光協会)
0565-77-8089(松平観光協会)
駐車場 有 乗用車100台・大型バス10台
公共交通機関 のりかえ&運賃検索(豊田市内)
有料ガイド 松平郷ふるさとづくり委員会/0565-58-1629
ホームページ http://www.matudaira-sato.com/
冬 秋 夏 春  観る