豊田市観光協会

  • ポルトガル語
  • 韓国語
  • 中文(繁体)
  • 中文(口体)
  • English
  • 日本語
  • 自然・公園
  • アウトドア
  • 体験・見学・温泉
  • 神社仏閣・史跡
  • 文化・スポーツ施設
  • お祭り・イベント
  • グルメ・おみやげ
  • その他その他
  • 買う買う
  • 食べる食べる
  • 遊ぶ遊ぶ
  • 観る観る

中馬のおひなさん

中馬のおひなさん


見どころ情報

  • おひなさん
    民家や商家に古くから伝わるおひなさんや土びな(土人形)が、足助の町並みに飾られます。さまざまな表情や趣を楽しめ、なかには江戸時代のひな人形もあります。
    おひなさん
  • 土びな
    西三河エリアにおいて、江戸時代後期から戦後間もない頃まで盛んに作られていたのが、土びなです。土で作り素焼きした人形を、色鮮やかに絵付けして作られています。
    土びな
  • 花もちで彩られる町
    町のあちこちには、白やピンクを中心に、赤や黄色、緑と色とりどりの花もちが飾られています。花もちづくりの体験できるスポットもあり、親子で楽しめます(有料)。
    花もちで彩られる町

年間行事

  • 中馬のおひなさん(2月上旬から3月上旬)
    イベント期間中は、足助の町並みの民家や商店などに、古くから伝わるさまざまなおひなさんが華やかに飾られます。町並みの散策とともに楽しめるイベントです。期間中は、絵てがみ教室や各種体験教室など、親子で楽しめる催し物も開催されています。

「中馬のおひなさん」は、足助に古くから伝わるおひなさんを飾り、人々に町並みの散策を楽しんでいただこうと始まったイベントです。平成11年から、地元住民が一丸となってイベントを盛り上げています。
あちこちの玄関先や店先に、さまざまなおひなさん6,000体あまりがずらりと並びます。旧家に伝わる内裏びな、七福神や福助などをかたどった素朴な土びななど、実に多彩。古くは江戸時代から明治、大正、昭和初期のおひなさんがあり、表情も豊かで、一つずつ見て回っても飽きないくらいです。
中馬のおひなさんは、「土びな会場」「足助交流館」を拠点として、足助の古い町並みを中心に展示されます。町のあちこちで、体験教室などのイベントも行われているので、町並みを散策しながら楽しんでみてはいかがでしょう。

住所 豊田市足助町(足助の町並み) >>マップを見る
TEL 0565-62-1272(足助観光協会)
駐車場 香嵐渓駐車場
公共交通機関 のりかえ&運賃検索(豊田市内)
ホームページ http://www.mirai.ne.jp/~asuke/asuke.htm
春  観る