豊田市観光協会

  • ポルトガル語
  • 韓国語
  • 中文(繁体)
  • 中文(口体)
  • English
  • 日本語
  • 自然・公園
  • アウトドア
  • 体験・見学・温泉
  • 神社仏閣・史跡
  • 文化・スポーツ施設
  • お祭り・イベント
  • グルメ・おみやげ
  • その他その他
  • 買う買う
  • 食べる食べる
  • 遊ぶ遊ぶ
  • 観る観る

足助城(あすけじょう)

足助城(あすけじょう)


見どころ情報

  • 全国初の復元された山城
    戦国時代の山城を忠実に再現。質素な本丸と長屋、物見やぐら、物見台、防備だけの柵など、城の原点とする砦そのものです。戦国時代の雰囲気を感じられる、貴重な城です。
    全国初の復元された山城
  • すばらしい眺望
    足助城は、紅葉で有名な飯盛山(香嵐渓)の東に位置しています。とくに、本丸からの眺めはすばらしく、足助の町並みや信州への街道を見下ろすことができます。
    すばらしい眺望
  • 高櫓の見学も
    近代の城郭で天守閣にあたる「高櫓」には、城主の間や広間、応接に使われた座敷などがあります。靴を脱いで上がることができ、座敷やかわやなどを見学できます。
    高櫓の見学も

全国で初めて復元された山城です。発見された掘っ立て建築の柱跡にあわせて再現。材料も、当時にあわせて竹の釘や麻縄を利用しています。城跡公園として整備されているので、山城に慣れていない人でも快適に見学することができます。歴史ファンの方はもちろん、そうでない人でも、戦国時代に思いを馳せて楽しむことができる城です。
足助城は、標高301mの真弓山の山頂を本丸としています。真弓山は、足助の町並みを眼下に見下ろすことができる要衝の地。発掘調査では、15世紀以降に鈴木氏が築城した跡と考えられる遺跡が発見されています。鈴木氏は、戦国時代に西三河山間部に勢力をもっていた一族。家康に従って関東に移ったため、足助城は廃城となったとされています。
一説では、足助城は鎌倉時代に足助氏が居城したという「足助七屋敷」のひとつとも伝えられています。

住所 豊田市足助町須沢39-2 >>マップを見る
TEL 0565-62-0770
営業時間 9:00〜16:30
休業日 木曜定休(GW・11月除く)・年末年始
駐車場 完備
公共交通機関 のりかえ&運賃検索(豊田市内)
ホームページ http://www.asuke.info/
備考 入場料/大人300円、子ども100円
観る