豊田市観光協会

  • ポルトガル語
  • 韓国語
  • 中文(繁体)
  • 中文(口体)
  • English
  • 日本語
  • 自然・公園
  • アウトドア
  • 体験・見学・温泉
  • 神社仏閣・史跡
  • 文化・スポーツ施設
  • お祭り・イベント
  • グルメ・おみやげ
  • その他その他
  • 買う買う
  • 食べる食べる
  • 遊ぶ遊ぶ
  • 観る観る

香嵐渓

香嵐渓


見どころ情報

  • かたくりの花
    薄紫色の花が下向きに咲く、可憐な花姿が特徴です。花は暖かい日に咲き、曇った寒い日や雨の日、夜には花を閉じてしまうデリケートな花。山里に春の訪れを教えてくれます。
    かたくりの花
  • 同時期に見られる野草
    同時期には菊のような花を咲かせるキクザキイチゲ、淡紫色の小さな花を付けるヤマルリソウ、その他にはニリンソウ、ナベアリ、ヒトリシズカといった野草も姿を見せてくれます。
    同時期に見られる野草

年間行事

  • かたくりの花 クラフトフェアー 3月28日(土)・3月29日(日)
    かたくりの花が満開になる頃にあわせて、三州足助屋敷では、クラフトフェアーを開催します。手作りの温もりが感じられるクラフト作家による出展のほか、体験ブースがあります。

紅葉で有名な香嵐渓。ですが、山野草の宝庫としても知られています。3月下旬から4月上旬にかけては、かたくりの花の群落が咲き誇り、まるで薄紫のじゅうたんを敷き詰めたような美しさを見せてくれます。
かたくりの群生地があるのは、香嵐渓にある飯盛山の北西向き斜面。広さは5000平方メートルにもおよびます。かたくりの花は咲くまでに7〜8年かかると言われていますが、昔から自生していたものを保護・育成した結果、現在の広さに成長しました。2008年に足助観光協会は、日本観光協会が主催する「花の観光地づくり大賞」を受賞。長年、花の名所や景観を整備してきた実績が認められています。
かたくりは、可憐な花姿が魅力で、スプリングエフェラメル(早春の妖精)とも呼ばれている花です。毎年、この花姿を見るために、多くの人々が香嵐渓を訪れています。

住所 豊田市足助町飯盛 >>マップを見る
TEL 0565-62-1272(足助観光協会)
駐車場 香嵐渓駐車場
ホームページ http://asuke.info/
冬 秋 夏 春  観る